ママ看護師が教えます!精神科で働いてみないと分からないこと!

私も育児から復帰して精神科で働いています。

ママさん看護師、ブランクのある看護師でも精神科でやっていける3つの理由

   

a0782_001047

私は育児がやっと一段落して保育園に通いだす頃から再就職を考え出しました。

 

看護師の仕事って体力も使うし、気も使うので看護師のブランクがあるとしばらくとってもつらいですよね。

 

それに子どものこともあるので残業も難しく、共働きなので家事もしないといけない・・など働くまでで随分と悩みました。

 

そこで色々悩んで相談し今の精神科単科病院に巡りあったのですが今はとても満足しています。

 

病院はいろいろとあると思いますが私が感じたママさん看護師やブランクのある看護師さんに精神科って案外いいよってお話をします。

 

精神科は残業が少ないから助かる

私が以前に働いていた総合病院の内科病棟はほぼ毎日残業でした。1日平均1~2時間はありました。

 

なんでこんなに残業が多いのかと言うと入退院の手続きだったり、根本的な雑務が多いこと、そしてみんな残業しているから気を使って帰りにくいということです。

 

私が働いている精神科だけでなく他所の精神科単科病院もそうだと思いますが基本的に残業がない、またはあっても月に数時間ではないでしょうか?

 

その理由としては外来時間内でしか入院を取らなかったり、昔は精神科病院と聞くと一部の看護師は敬遠していたので働きやすさをアピールするために残業をしない方針になっているようです。

そのような触れ込みで入植しているママさん看護師さんが多いため子どもがいる看護師に対しての理解があり残業になりそうでも業務を取ってくれたりするのです。

■関連記事 精神科って残業が少ないって本当です

 

またオペだしなどもなく比較的病棟内で穏やかに時間が流れるのも残業が少ない原因ではないでしょうか?

 

小さなお子さんを保育園に預けている場合、定時に仕事が終わるというのはとても大きいですよね。

 

残業してしまうと子どもが寂しそうに待ってるのをハラハラしながら仕事しないといけないし、保育園から延長料を取られて何のために残業しているのか分からないからです。

 

 

精神科は身体の負担が少ない

精神科の患者さんは急性期病棟、亜急性期病棟あたりだと身体が健康な患者さんが多く身体介助などが必要ない方がほとんどです。

 

慢性期病棟になると介助者は増えてきますが、療養病棟や一般科の慢性期、施設に比べると圧倒的に身体介助の割合は少ないです。

 

私の場合はもともと腰痛もちだったのと、育児をしているときに子どもを抱っこしたり遊んだりするだけでも腰痛がつらかったので、以前に働いていた内科病棟のように患者さんをトランスしたり中腰で仕事をするのが苦痛だったこともあります。

 

また仕事での身体の負担が少ないので自宅に帰ってから家事もすることができます。

■関連記事 急性期と慢性期ならどっちが大変?

 

精神科は看護師としてのブランクがあっても働きやすい

よく聞く話ですが、精神科は採血や点滴やその他の特殊な処置が少ないから技術が落ちるんじゃないの?と聞かれますが、それはずべて正解だとは思いません。

 

たしかに採血は内科で働いていたときに比べると少ないですがゼロではありません。

 

患者さんの容態によっては点滴ももちろんあります。

 

逆に内科よりも多い看護技術は筋肉内注射ですね。

 

昔の頃に比べると精神科のお薬がとても効果が高くなってきているそうなので患者さんも随分と楽になってきているようです。

 

それが落ち着いて療養出来る環境を作っているのかもしれませんね。

 

精神科の看護師に求められる一番の能力は患者さんの細かな観察とコミュニケーション能力です。

 

久しぶりだからちょっと心配かもしれませんが、この技術は日々磨いていくものです。

 

だから復帰して焦ることもありません。

■関連記事 ブランクがあるからこそ精神科を勧める理由

 

もしあなたが私のように育児が落ち着いて保育園デビューを機に看護師に戻ろうとするのであれば、働きやすく身体の負担の少ない職場の方が結果的に長く続けることが出来ます。

 

最初は精神科に勤めることが不安だったりしましたが、それはイメージだけで考えていたからかもしれません。

 

向かなかったら辞めたらいいという気持ちで精神科看護師になってみましたがイメージだけでは分からないことがたくさんありました。

 

もしあなたもこれからの働き方として考えているのであれば参考にしてみてくださいね

クチコミ人気が高い求人会社ランキング

看護のお仕事

これから精神科病院を探すあなたにオススメする理由が不安な気持ちを支えてくれるサポート力にあります。

コンサルタント(担当者)のサポート力でいい病院をみつけられたという口コミが多数。

忙しいママさん看護師だからこそ任せたい部分は多いはず。

こちらではなんと残業が出来ない、土日は休みたいなどのちょっと言いにくい希望の条件をあなたじゃなくコンサルタントが交渉してくれます。

出来るだけ自分の時間は使いたくないけどしっかりと病院の情報や求人情報をお願いしたいあなたの気持ちにこたえてくれるでしょう。

だから一番オススメなんです。

MCナースネット

看護師の復帰を考えているけど、常勤にいきなり戻れるか自信がない、精神科に慣れるかわからないという場合は派遣やパートなどの非常勤職員からはじめるのもいいでしょう。

常勤で復帰したら勤務日や体力的に厳しくなることもあるため、まずはあなた自身が慣れるためにも空いた時間で派遣やアルバイトもいいですね。

あなたが求人広告で探してみてもわかるようにいつも同じ病院施設しか掲載されていないことが多いのですが、MCナースネットさんは様々なネットワークから精神科初心者のあなたでも非常勤からスタートさせてくれる病院を見つけてくれることでしょう。

職場が気に行ったり、精神科に慣れたとあなたが感じたら常勤に切り替えるのがおすすめです。

マイナビ看護師

 TVCMでお馴染みのマイナビ看護師です。ブランクあり、駅チカ、週休2日などのユニークな検索があって求人情報が見やすいのが人気の秘密です。
登録後に見れるママさんナース向けのブランクナースの復職レッスンは結構お役立ちのコラム集です。私が復職するときもこんなのあったらなーと思いました。情報収集に見ちゃいましょう。

 - 精神科は働きやすい?